— ushilog

Archive
Tag "Stravinsky"

音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書)

岡田 暁生 中央公論新社 2009-06

by ヨメレバ

重複して買ってしまったので「これは読まなくては」と読み始め、読み終えたので内容を備忘メモ。
誤解や強引なまとめもあると思うのであしからず。

[音楽芸術の変遷]
そもそも音楽は「二等芸術」として扱われていた(カント、ズルツァーら)

市民社会・演奏会の発生

17世紀末~18世紀 ロマン派詩人による音楽の聖化(語れないからこそ素晴らしい)
 ・シューマンの音楽批評もこの流れの中にある。ショパンは自身へのシューマンの賛辞を一笑に付した。

ワーグナーによる神学的音楽、音楽の宗教化
 ・ハンスリックは音楽と音楽がもたらす情感は分けるべき、とワーグナーに反対している。

「音楽は国境を超える」というイデオロギー(=音楽には言葉はいらず、誰にでもわかるもの)の誕生
 ・実質的には国境と国民国家に依拠した西洋芸術の布教であり、ピアノコンクールはその権力化として見ることができる。
 ・アーノンクールはこれを厳しく批判する。音楽に国境はあり、言葉があると。
  実際にはさまざまな記号性や形式を理解しないと音楽はわからない。馴染みのないジャンルがわからないのはそういうこと。
  次元が違うが、R.シュトラウスがドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』を、ストラヴィンスキーがワーグナーの楽劇を好まなかったのもまた音楽のすれ違い。

photo by: hmomoy
read more »