— ushilog

Archive
Tag "J-POP"

guitar fingers

さいきんEテレの「亀田音楽専門学校」を録画で見ています。
J-POPの音楽をいろいろな面から解剖してみようという番組で、面白いので備忘がてらメモと、祖先のクラシックではどうなの?というところを書いてみます。
見たのは「おもてなしのイントロ術」「無敵のヨナ抜き音階」と来て「オトナのコード学」まで。2回目の「アゲアゲの転調学」は見逃し。

1 イントロは: 「世界観を作る」。

たとえば「クリスマス・イブ」(山下達郎)のイントロ9小節目にある鐘の一打ち。これだけで世界がパッと広がっていく。そう言われて聴いてみると、たしかに雨が夜更け過ぎに雪に変わりそうな感じがしてきます。(笑)
あるいは、「ここでキスして。」の一息だけの緊張感。これは先生役の亀田誠治さんがプロデュースした曲で、もともとあったイントロバッサリ削ったそうな。

クラシックで言うと?

印象的な出だしの曲はたくさんありますが、たとえばシベリウスのヴァイオリン協奏曲の出だしとか、澄んだ感じの世界が広がるのと似てるかも。
あるいは「ローマの松」の「アッピア街道の松」も薄暗い夜更けを栄光の兵士たちが行進してくる感じを受けます。

2 ヨナ抜き音階は: 「和風・日本を感じさせる音階」。

番組だと「函館の女」「上を向いて歩こう」「ライディーン」「レーザービーム」「つけまつける」「木綿のハンカチーフ」を紹介してたかな……(ニロ抜きが混ざってる気が)。あとは「昴」なんかもヨナ抜きですね。

「木綿のハンカチーフ」は前半の男性部分はヨナ抜きなのに、女性の歌詞になるとヨナ抜きが崩れて曲が変わった感が一気に出ますね。女性は田舎に置いてかれる立場なので和風とは逆なんですが、その逆を突いたのがおもしろ。反対に、ABBAの”Dancing Queen”なんかは出だしから「ナ」全開なので洋楽感溢れまくりと取り上げられてました。

クラシックで言うと?

日本風音階だけあってさすがになかなか無いです。
ドヴォルザーク「新世界より」の2楽章は近い印象。あとは幅を広げると「蛍の光」(スコットランド民謡)や「スワニー河」(フォスター)の最初のフレーズ。
「蝶々夫人」とかにあるのかな?

日本の音階メモ

・雅楽由来: 呂旋法(これがヨナ抜きの基)、律旋法。もとは大陸系。
・伝統音楽: 陽旋法、陰旋法、民謡音階、沖縄音階

3 オトナのコードとは……「メジャーセブンス」。

ドミソにシを加えたので、ドミソ(C)とミソシ(Em)の両方の顔をあわせ持つオトナな和音でございます。ふわっとした浮遊感やなにかの境にいるマージナルなゆらぎ感を出すのに良い和音、だそうな。司会の小野アナウンサー命名の「罪つくりなコード」というのが最高。

番組では「あまちゃん」OP曲のラスト、「DOWN TOWN」(シュガー・ベイブ)のイントロ、「中央フリーウェイ」、「YES-NO」(オフコース)のサビ「君を抱いていいの」の部分。あとはメロディーとコードで当ててくる例として「さくら」の「さくら舞い散る」の7th音連打、「HANABI」の「決して捕まえ~」がピックアップされておりました。

クラシックで言うと?

独特の世界観を出せるので、もう現代にさしかかった時代に書かれた「ジムノペディ」(第1番、1888年)がズバリそのもの。あの最初のふわっとした和音をコードで書くとGMaj7!
ロマン派にもありそうなんですが意外と思いつかず。

ついでにドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」もフルートソロのあとの和音も見てみたところ、A#m7 -> A#7-5 を反復し、はっきりしない霧の中に迷い込んだような印象を生み出しています。後者の和音は減5度を二つ含むのでとても不安定な感じです(間違っていたらすいません)。
広くセブンスなら、ベルリオーズ「幻想交響曲」の1楽章2小節目ではCm7がぽーん伸ばされ、どこかに放り出される感じを受けます。

それにしても音楽詳しい人は語りの幅が広くてどんどん引きこまれます。残りも楽しみです。

photo by: Bombardier
read more »