— ushilog

Archive
Tag "classical"

practice

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)

岡田 暁生 中央公論新社 2005-10

by ヨメレバ

演奏会と音楽を聴く市民の出現

前回の記事では、音楽が宇宙の秩序を表現するものから、ルネサンス時代には純粋に美的なものとして、感覚に訴えるものに変化しはじめたことを書きました。
しかし、それは現代とは時代状況が大きく異なります。現代のように、「ファンが音楽家を支え、音楽家は表現を問う」という仕組みはどうやって成立するのでしょう?

岡田氏はこう書いています。

今は誰もが好きな音楽を自由に聴ける時代である。だがかつては違った。[略]芸術音楽は原則として王侯貴族ないし教会の音楽であって、それを市民(庶民)が耳にできる機会はごく限られていたはずである。たとえばオペラは一八世紀まで、王侯が催す祝典の一環であることが多かった。[略]器楽曲も紅茶を飲んだり談笑したりトランプをしたりしながら聴く王侯貴族のための社交音楽だったわけで、これまた市民にとっては高嶺の花だっただろう。[略]カトリック圏ではミサ曲は王侯貴族の礼拝堂などで演奏されることが多かったはずだから、果たして市民がそれを耳にすることができたかどうか……。(p.105)

補足するなら、上での岡田氏の記述に「芸術音楽」と断りがある通り、中世~ルネサンスの世俗音楽といえば吟遊詩人(トルバドゥール、トルヴェール、ミンネゼンガーら)や舞曲が思いつきます。しかし詩人たちは多く城で歌ったのであり、民衆と音楽の接点は多くありませんでした。
このような音楽の状況に楔を打ち込んだのは、「演奏会」と「楽譜」の出現、そしてそれらを愛好する民衆、いわば市民階層の登場です。

photo by: thart2009
read more »

Neuma

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)

岡田 暁生 中央公論新社 2005-10

by ヨメレバ

『音楽の聴き方』を先に読んだので、遡ってこちらも読んでみました。2005年の本ですが既に17版。結構ヒットしてるのではないかと思います。実際に内容も「音楽史」という題名から受ける作曲家・天才たちの歴史、絢爛な宮廷文化という視点にとどまるものではなく、読み応えのあるものです。
自分としては(1)「音楽」の概念の変化(世界の調和~作曲家の表現)、(2)音楽を支える制度(作曲家とその暮らし方・作品の再演)の変化、そして(3)クラシックの後継者としてのモダン・ジャズやポピュラー音楽、という点が気になったので、この3つを取り上げます。

宇宙の秩序 – 中世の音楽

通常私達は音楽を鑑賞する「感動を呼ぶもの」「快いもの」、ミュージシャンによる表現の結果と考えていますが、西洋中世の人たちにとっての音楽はまったく違う相貌を持っていました。岡田氏によれば、中世によく読まれたボエティウスの『音楽綱要(De institutione musica, 『音楽教程』)』では、音楽は以下の3つに分類されているといいます。

photo by: vocalemily
read more »

by カエレバ

“LIVING STEREO 60 CD Collection”を5月くらいから聴き始めてひと通り聴き終わりました。
このボックスはBMGを経て今はソニー傘下となった旧RCAが出した”LIVING STEREO”シリーズの音源が60枚入って8,000円台とお買い得なボックスです。
録音年代はおおよそ50年代末から60年台前半ですが、名演とされるものも多く入っており、手持ちの少ない自分には助かるボックスでした。
ちなみに冒頭の写真はRCAの有名な犬です。余談ですがこの犬、ニッパーというそうです。HMVってHis Master’s Voiceの略だったんですね。これを調べるまで知りませんでした。

さて、こうしたボックスに入っていないとなかなか触れない曲もありました。そんな曲や発見のあった録音をいくつかピックアップしてみます。なお以下のCDの画像は個別CDにリンクしていますが、ボックスに入っている音源はSACDではないのでご注意を。

ライナー指揮 シカゴ交響楽団 / バルトーク 『管弦楽のための協奏曲』『弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽』『ハンガリーの風景』

ライナーが曲の成立にも関わった 『管弦楽のための協奏曲』、じっくり聴いたのは初めてかもしれません。金管の強さが伝統の楽団らしく「対の遊び(Giuoco delle coppie)」のコラールが流麗。『ハンガリーの風景』は初めて聴きましたが、「村での夕べ(トランシルヴァニアの夕べ)」の素朴な感じが素敵です。リズム感と和音の流れがどこか同じバルトークの『ルーマニア民俗舞曲』とも通じるものがあるなと。

photo by: Beverly & Pack
read more »

音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書)

岡田 暁生 中央公論新社 2009-06

by ヨメレバ

重複して買ってしまったので「これは読まなくては」と読み始め、読み終えたので内容を備忘メモ。
誤解や強引なまとめもあると思うのであしからず。

[音楽芸術の変遷]
そもそも音楽は「二等芸術」として扱われていた(カント、ズルツァーら)

市民社会・演奏会の発生

17世紀末~18世紀 ロマン派詩人による音楽の聖化(語れないからこそ素晴らしい)
 ・シューマンの音楽批評もこの流れの中にある。ショパンは自身へのシューマンの賛辞を一笑に付した。

ワーグナーによる神学的音楽、音楽の宗教化
 ・ハンスリックは音楽と音楽がもたらす情感は分けるべき、とワーグナーに反対している。

「音楽は国境を超える」というイデオロギー(=音楽には言葉はいらず、誰にでもわかるもの)の誕生
 ・実質的には国境と国民国家に依拠した西洋芸術の布教であり、ピアノコンクールはその権力化として見ることができる。
 ・アーノンクールはこれを厳しく批判する。音楽に国境はあり、言葉があると。
  実際にはさまざまな記号性や形式を理解しないと音楽はわからない。馴染みのないジャンルがわからないのはそういうこと。
  次元が違うが、R.シュトラウスがドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』を、ストラヴィンスキーがワーグナーの楽劇を好まなかったのもまた音楽のすれ違い。

photo by: hmomoy
read more »