— ushilog

Archive
Tag "Bartók"

by カエレバ

“LIVING STEREO 60 CD Collection”を5月くらいから聴き始めてひと通り聴き終わりました。
このボックスはBMGを経て今はソニー傘下となった旧RCAが出した”LIVING STEREO”シリーズの音源が60枚入って8,000円台とお買い得なボックスです。
録音年代はおおよそ50年代末から60年台前半ですが、名演とされるものも多く入っており、手持ちの少ない自分には助かるボックスでした。
ちなみに冒頭の写真はRCAの有名な犬です。余談ですがこの犬、ニッパーというそうです。HMVってHis Master’s Voiceの略だったんですね。これを調べるまで知りませんでした。

さて、こうしたボックスに入っていないとなかなか触れない曲もありました。そんな曲や発見のあった録音をいくつかピックアップしてみます。なお以下のCDの画像は個別CDにリンクしていますが、ボックスに入っている音源はSACDではないのでご注意を。

ライナー指揮 シカゴ交響楽団 / バルトーク 『管弦楽のための協奏曲』『弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽』『ハンガリーの風景』

ライナーが曲の成立にも関わった 『管弦楽のための協奏曲』、じっくり聴いたのは初めてかもしれません。金管の強さが伝統の楽団らしく「対の遊び(Giuoco delle coppie)」のコラールが流麗。『ハンガリーの風景』は初めて聴きましたが、「村での夕べ(トランシルヴァニアの夕べ)」の素朴な感じが素敵です。リズム感と和音の流れがどこか同じバルトークの『ルーマニア民俗舞曲』とも通じるものがあるなと。

photo by: Beverly & Pack
read more »